効率的に美白になれる|綺麗になれるおまじない

肌の色が濃くても対応可能

ビフォーアフター

シミが隠れていませんか

20代、30代の女性の肌はまだみずみずしく一見するとシミなどないように見えます。しかし、ぱっと見てわからなくても実は肌の奥にシミのもとがすでに隠れていることが多いので注意しなくてはなりません。そのように隠れたシミのもとを顔に持っている女性は年々増えているといわれています。それは環境破壊によって紫外線の害が昔よりも増していることが原因であると考えられています。美容整形クリニックでは、隠れて今はまだ見えないようなシミでも逃さず見つけることのできる専用の機械を導入しています。このような隠れたシミを早めに見つけることが、美白のためには非常に大切です。それらのシミが表に出てくると顔の印象に大きなダメージを与えてしまうからです。できるだけ早いうちに隠れたシミを見つければ、美容整形クリニックの美白治療によってくっきりとしたシミになる前に対処することができます。もちろん、今の時点ですでにもうできてしまっているシミにも早急に対応しなくてはなりません。美容整形クリニックは隠れたシミを見つける機械のほか、美白のために特別に考案された機器を使って治療を実施します。東洋人と白人とではメラニン色素の状態が異なるので、それに対応した治療法が必要となるのです。

イオン導入からopsまで

シミを予防・改善するための美白対策に欠かせない美容成分がビタミンCです。ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくいので、ビタミンC誘導体という形で肌に吸収させます。その吸収をより効果的に促進するのが美容整形クリニックで行われるイオン導入という方法です。イオン導入はビタミンCとしての分子のままでは肌の内部へと入っていかないビタミンCを、イオンに変えて肌の奥へ届ける方法です。肌に老廃物がたまっているような人のために、美容整形クリニックではイオン導入の前に行うケミカルピーリングという方法も推奨しています。イオン導入やケミカルピーリングよりももっとダイレクトに美白を実現したい人には、美容整形クリニックの光治療がおすすめです。光治療で利用される光の周波数はいろいろあり、美白に優れた効果を持っています。目につくシミやほくろ、その他の色素沈着があるような場合には、レーザーを使った美白治療がもっとも効果的です。ただ、レーザー治療の場合は肌の色が濃い人に対しては肌全体に反応してしまうため使えないこともあります。そのような場合、美容整形クリニックでは美白opsという新しい機器を用います。この機器には肌の色が濃い人にも問題なく使える長所があります。